私のTシャツコレクション(3)はX-dreemのゲバラTシャツ。

s_X1

後ろ髪が短くも見えるし顔の作りは黒人っぽいので誰?ゲバラじゃない別の人?
とも思うもこのベレー帽は間違いなくキューバの革命家チェ・ゲバラ ですね。
カストロでもなければもちろんマルコムXでもありません。

 

s_X2

胸のプリント部分が白で四角く濃くベタ塗りした上から黒でプリントしているため、夏は通気が悪くて汗で肌にくっつくのが難点ですが、カッコ良くてお気に入りです。

ブランド名はX-dreemで、dream(夢)ではありません。
フロント左下にはX-Dreem®とあり、その下には小さく
handcrafted merchandise for a leader,not a follower.
とあります。

s_X3

 

衿のタグネームは
X-dreem ®
BRAND CLOTHNG と織ネームが。

s_X4

裏には
X-dreemly made in america

アメリカ製ですね。

小さなタグには

s_X5
X-dReem
Lawn Guyland
New York

50% poly
50% cotton

「Lawn Guyland」は、ニューヨークのLong Island(ロングアイランド)のこと?

にしても素材は綿50%、ポリエステル50%だったんですね。
着ていて全然気づきませんでした。

サイズはsmaiiで日本のサイズでもMかSくらいです。
買ったのは白山通りにあるセレクトショップだったと思います。

夏休みの期間に池袋から田端のトレーニングジムまでチャリンコで行ったことがあり、その時、目について買ったと記憶しています。

当時はウエイトトレーニングをしていて細マッチョだったので、タイトに着て筋肉がわかるようにワンサイズ小さいSサイズにしたんじゃないかな?

丈も短くてカッコいいです。
買ったのは、1998年の夏かな?

で、思い出しました。

チャイナロン・ゲオサムリット選手(元IMF世界ウェルター級チャンピオンのムエタイ選手で小国ジムのトレーナーで『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の初代タイキックの人)の結婚式で力玉選手とアントニオ猪木の引退試合(猪木vsドン・フライ)のコントをやった時に着ていたのでした。

s_M1

s_M2

s_M3

 

s_M6

s_M4

s_M5

s_M7

ムエタイと言えば、ショウジョノトモTシャツ テッカンコー

tekkanko_b_f