【SUMMER SONIC 2018 開催決定!】
19年目のサマソニとなるそうです。

ということで、既に完売済みのこちらのTシャツをご紹介。

samasoni05_f
Photo/Misa Model/小峰柚子

samasoni05_g_f

samasoni05_g_b

 

2005年8月13日(土),14日(日)に千葉マリンスタジアム・幕張メッセで開催された首都圏最大の夏フェスサマーソニック05(ロックフェスティバル)SIDE-SHOW(お笑いライブ)の記念Tシャツ。

「会場で買えなかった」というお客様からのご要望にお応えし、SIDE-SHOWを運営しているオフィス★怪人社さんからのご厚意により、特別に予備で製作していた分を販売させていただきました。(既に完売です)

表は「70年代のロックをイメージしたユニコーンのイラストと☆マーク。※ユニコーンの顔がオフィス★怪人社代表のIKKANさんに似ている?」に「SPELL BOUND FOR 2 DAYS」と「THE KAIJIN ROCKED YOU!」のロゴと「サマソニゼロファイブ」のロゴ。

裏は「LOAD OF THE LAUGHING」「OFFICE KAIJINSHA」のロゴに「開催日と場所」「THE KAIJIN SHOWED UP ROCK’EM ALL!!!!※ヒントMETALLICA」のロゴと「サマソニゼロファイブ」のロゴ。

そして中央には砂あらしが吹き荒れるイメージの小さい文字で、出演芸人の名前がずら~っと入っています。
※SUMMER SONIC 05 SIDE-SHOW出演芸人(ABC順)
くるくるシルク、ダーリンハニー、どきどきキャンプ、GO!ヒロミ’44、インパルス、井上マー、インスタントジョンソン、イヌがニャーと泣いた日、ジョンレノソ、ハマカーン、平成ノブシコブシ、小泉エリ&トモ、まちゃまちゃ、目黒陽介、南野やじ、猫ひろし、西麻布ヒルズ、おじゃるず、オリエンタルラジオ、オキシジェン、佐伯誠之助、サカイスト、坂本頼光、佐久間一行、親族代表、スピードワゴン、末高斗夢、田上よしえ、ザ・たっち、殿方充、笑い飯、ヤンさんとゆかいな工作員たち、康本雅子、MC IKKAN+福丸伯爵、KAIJIN-FRIENDS

※今から見れば、後に有名になった芸人さんやコンビがたくさんいます。

カラー展開は「黒×白」「黒×シルバー」「赤×黒」の3バージョン

 

samasoni_bw_f

samasoni_bw_b

 

samasoni_bs_f

samasoni_bs_b

 

samasoni_red_f

samasoni_red_b

Design:村上千聡
AD:nonakaaan

 

黒Tシャツのこのデザインは個人的にすごく着やすくて「black × whit」と「black × silver」の2枚は5年くらいは週1のヘビーローテーションで着ていましたね(春秋冬もインナーで)。
後半は全体的に色あせてプリント部が割れて自分で作った古着になりました。
その後はさすがに襟元が思いっきり色あせてパジャマ代わりに。

12年間、毎週着続けたこれが現在の姿です。

SUMMERSONIC_01

SUMMERSONIC03

このプリント部の割れ感は長く着続けないとできません!
まさに年輪!

SUMMERSONIC

 

裏の出演芸人名の拡大写真(スピードワゴンがこちら。)
SUMMERSONIC04

 

フェスTシャツ、ロックTシャツ、ツアーTシャツは普段着として使えるのがいいですね。

 

samasoni05_b

Photo/Misa Model/小峰柚子

 

にしてもあの時のモデルが「姫くり」として、この時出演したそうそうたる芸人と同じステージに立つことになったのは驚きました!

 

オフィス★怪人社と言えば、ちむりんTシャツ

sefure-w-f-yuzu